お問いわせはこちら

夜間動物病院について

夜間動物病院とは、夜間に開業している動物病院のことです。一部の医療機関を除き、基本的に緊急性のあるペットだけが受診できるようになっています。最愛の家族であるペットは昼間は小康状態を保っていても、夜間急激に体調を崩してしまうことはよくあることです。そのため、夜間に開院している医療機関は重要な役割を持っています。夜間動物病院は医療機関の夜間診療と、夜間に開院している医療機関の2種類存在しているのが特徴です。

 

動物病院の夜間診療の場合、地域により多少異なりますが、医療機関が持ち回りで夜間診療を受け付けていることになります。そのため、かかりつけの医療機関が夜間診療を行っていることも少なくありません。なお、医療機関の夜間診療の場合、通常の診察料金にプラスして時間外料金が必要となるため、注意が必要です。対して夜間に開院している医療機関の場合には、夜間のみ開院しているため、通常の病院とはサイクルが異なるところといえます。事前に予約が必須なところも多く、医療機関の中には急な手術が入って休診となってしまうことも少なくないです。緊急性の高い症状の時に受診できるといわれていますが、具体的にどんな時に受診をしたら良いのか気になる人は少なくありません。

 

基本的には急激に嘔吐や下痢をした場合が多いです。一時的に嘔吐をした場合、猫のように体毛を吐き出すために行ったもの以外では臓器や胃腸に障害を抱えている可能性があるため、緊急性が高いと考えられます。下痢も同様で、特に血便や血液の混じった下痢をしている場合にはすぐに医療機関を受診したほうがいいです。ペットが何らかの原因でけがをした時などにも、緊急性が高いといえます。特にどこかから落ちてその後元気がない、飛び上がることができないなどの問題を抱えている場合は受診したほうがいいです。

 

転換の発作が起きた時や、呼吸を苦しそうにしているときなどにも注意したほうがいいといいます。おなかが大きく動いており、ゼイゼイと呼吸の音さえ聞こえるようになっている場合には、確実に受診してください。最も怖いのは誤飲です。何かを誤って飲み込んでしまったなどの場合は、事前に電話をかけてすぐに医療機関を受診するようにしましょう。人間にとっては問題ない物であっても、動物にとっては危険物が家の中には存在しています。ほんの少しでも口の中に入れたらすぐに受診して下さい。最後に、受診する前に必ず電話を入れることは重要です。自宅で応急処置をするなどの対応を取ることもできるため、一度連絡をして症状を話し、医療機関へ連れていくことが大切となります。

カテゴリー

カレンダー

    2023年2月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  

月間アーカイブ

Contactご相談・お問合せ