お問いわせはこちら

店舗運営で発生する人事・労務関連など内部トラブルについて


近年では従業員の権利意識が高まったり、働き方改革によりワークライフバランス等の考えが浸透してきたことから、人事や労務関連等の内部トラブルが増えてきているのが実情です。リモートワーク可能なホームページ制作会社でさえ、このような問題が増え始めています。

 

オーナー様のお話を伺うと、ペットホテルやトリミングサロンにおいても、このような傾向が強まっているようです。従業員が不満を持ったり、多様化する労務に関する相談やトラブルに対し、どのようなことに気をつけて対応しなければならないのかをしっかりと把握しておくことが求められます。

 


具体的にどのようなトラブルが発生するのかを把握しておく事は重要ですが、その一つに職場秩序の乱れに対するものが挙げられます。例えば職場での嫌がらせなどは、身近な従業員の不安の原因にもなるとされています。このようなことが原因となり従業員に精神疾患が発生したり、ここから退職につながる可能性もあります。

 

近年では自ら命をたつケースに発展することもあるため、慎重に対応しなければならないでしょう。労働時間や休暇に関する相談も非常に増えてきています。ある日突然スタッフが来なくなり、退職代行会社から電話があったというケースもあります。

 

労働時間や休暇の場合には、健康や日常生活、お金にも大きな影響与えることから、近年トラブルが増えているケースです。正社員の場合には法律の定めによって、1日8時間及び、1週40時間の仕事で済む場合には特に問題はありません。

 

しかし上司の指示や閉店前の駆け込みなどで、長時間の残業が行われているケースも少なくはありません。万が一残業により睡眠不足が続くようなことにもなれば、従業員の健康には大きな影響を与え、最悪の事態を招くことも考えられます。また残業した分の給料を払わずにサービス残業が慢性化していれば、これは法令違反となります。

 

従業員には有給休暇等の休暇をとる権利がありますが、これを上司が認めないかったことでプライベートに支障をきたす問題も発生します。三つ目にはメンタルヘルスの問題であり、こちらは年々関心が高まっています。

 

嫌がらせや長時間労働など原因は多岐に渡りますが、対応を行わなければ従業員の退職につながります。そして従業員の待遇をめぐるトラブルに関しては、生活にも関わってくることから多くの声が寄せられているトラブルです。その他にも労働災害や労災保険に関するものなども該当することでしょう。

 

このように数多くのトラブル事例があることがわかりますが、トラブルを起こさないために、まず従業員に対し相応の待遇や処分を行う必要があります。また会社側にも健康配慮がなかった、精神疾患にまで追い込むような業務量がなかったのかなど、問題がなかったかどうかを考えることが重要です。

 

日ごろから明らかな法令違反行為は行わないようにし、就業規則や雇用契約書等書類の整備を行う、労災防止を徹底し、危険な作業や長時間労働の話にしないことなどをしっかりと行うようにしましょう。

 

日ごろからトラブルを未然に防ぐ努力が非常に重要です。ペットサロンやトリミングサロンにおいても、従業員を雇用すると言うことにはトラブルがつきもので避けられないこともあるかもしれません。万が一の際には従業員と誠実に向かいあって対処することが求められます。

カテゴリー

カレンダー

    2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

月間アーカイブ

Contactご相談・お問合せ